スポンサーリンク
アクション

【ウルヴァリン/X-MEN ZERO】MY-198

19世紀半ば、少年ローガンは育ての父が殺された事で特殊な能力を覚醒させ、1世紀に渡って兄のビクターと戦場を駆け抜けた。 やがて、ミュータントで編成された特殊部隊「チームX」を創り上げたストライカーにローガンとビクターはスカウトされる。 アフリカの非人道的なやり方に不満を持ったローガンが脱退すると、数年後、かつての仲間を殺害するビクターの動きを知るのだった。
アクション

【パニッシャー:ウォー・ゾーン】RE-191

最愛の家族をマフィアに殺されたフランク・キャッスルは、法律で裁けない犯罪者たちに正義の制裁を与える“パニッシャー”として活動していた。 巨大マフィア組織のボスや幹部を殲滅するが、生き残ったビリー・ルソッティを奇襲するも誤ってFBIの潜入捜査官を殺害してしまう。 重傷を負ったビリーがジグソウとして復活すると、パニッシャーに復讐をするべく武装ギャングたちを集めるのだった。
あ行

【インクレディブル・ハルク】MY-185

科学者のブルース・バナーは恋人のベティの父であるロス将軍の命令を受けて人体への放射線抵抗を研究していた。 ところがその研究実験中に事故が発生し、大量のガンマ線を浴びたブルースは、怒りを感じて心拍数が200を越えると巨大な緑の怪物に変身してしまう。 逃亡していたブルースを捕まえるべく、派遣された特殊部隊の兵士ブロンスキーがその力に魅了されてしまうのだった。
あ行

【アイアンマン】MY-186

巨大軍事企業「スターク・インダストリーズ」の社長で天才的な頭脳を持つトニー・スタークは、テロリスト集団「テン・リングス」に拉致される。 胸に深い致命傷を負ったトニーは、インセンの手術を受けて破片が心臓に届かないようにリアクターを胸に埋め込み、パワードスーツを作って脱出した。 この出来事で自社の兵器がテロリストに使われていると知り、トニーは新たなパワードスーツを作り「アイアンマン」を完成させるのだった。
アクション

【ハンコック】MY-181

飛行能力と超怪力を持ち、不老不死で銃弾も通じない体のジョン・ハンコックは世間から嫌われ者として有名になっていた。 ハンコックの英雄行為は周囲への配慮もせず、感情のままに行動する彼は街へ甚大な被害を与えてあらゆるところから訴えられていた。 そんなある日、フリーの広告マンであるレイを助けた事で、恩返しとしてイメージアップを図る計画の為にハンコックは従っていくのだった。
洋画

【ジェイソンX/13日の金曜日】MY-131

近未来、殺人鬼ジェイソンを捕らえ超低温室に隔離するも惨殺を繰り広げ、唯一の生存者ローワンとともに冷凍されてしまう。 400年後の西暦2455年、考古学者ロウが率いる研究チームは、崩壊した地球を訪れると偶然にもローワンとジェイソンを回収する。 ローワンは蘇生に成功したロウ教授は、彼女の反対を押し切ってジェイソンを生き返らせて金儲けを企むのだった。
洋画

【フレディvsジェイソン】MY-129

エルム街でフレディの屋敷に住む一家は夢を見ないように細心の注意を払って暮らしていた。 いつしか人々はフレディの存在を忘れていたが、復活を目論む彼は現実世界の殺人鬼“ジェイソン”を蘇らせて操ろうと画策する。 ジェイソンの夢に侵入したフレディは再びエルム街を恐怖に陥れるが、勝手に暴走するジェイソンにフレディは手を焼き始めるのだった。
洋画

【ドーン・オブ・ザ・デッド】MY-127

看護師のアナは仕事を終えて自宅に帰った翌日、隣家の少女がドアの向こう側にいて、心配した夫は噛まれてしまう。 夫はそのまま多量出血で死亡するが、次の瞬間に起き上がると見た事のないような形相でアナに襲いかかる。 すぐにアナは外へ逃げ出すが、街はすでに地獄絵図と化しいて、彼女は呆然としながらも当てもなくさまようのだった。
▼メインジャンル

【カンフーハッスル】MY-120

人生負け犬のチンピラであるシンは、頼りない相棒とともに冴えない日々を送り、ある日、豚小屋砦で一儲けしようとするが、斧頭会を巻き込んだ揉め事を起こす。 結果として豚小屋砦は斧頭会に狙われるようになるが、そこにはカンフーの達人がいて、ギャングの手から守り通した。 メンツを潰された斧頭会のボスは、報復する為に殺し屋を雇って殺そうとするが、それを見たシンは忘れていた感情を思い出すのだった。
洋画

【バイオハザードⅢ】MY-67

ラクーンシティでの惨劇から数年後、T-ウイルスは世界に蔓延して、人類はアンデッドと化し、地上は砂漠へと化した。 アンブレラ社ではアリス計画が始動し、アリスのクローンを用いた実験が繰り返される一方でオリジナルのアリスはクレアと行動するカルロスやL.J.たちと再会する。 一行は楽園と呼ばれるアラスカへ向かう為、ラスベガスで食料と燃料を求めるが、そこにはアイザックス博士の寄越したスーパーアンデッドたちが待ち受けるのだった。
洋画

【バイオハザードⅡ/アポカリプス】MY-66

巨大企業アンブレラ社の地下研究所“ハイブ”の死闘から36時間後、何者かに捕らわれたアリスはラクーン・シティの病院で目覚める。 病院を脱出したアリスだが、すでにその体は“T-ウイルス”が感染しているが、遺伝子レベルで共存して超人的な身体能力を発揮する。 一方でT-ウイルスが流出したラクーンシティはアンデッドで埋め尽くされ、地元警察特殊部隊の女性隊員ジルは生存者たちと街の脱出を試みるのだった。
洋画

【バイオハザード】MY-65

巨大企業アンブレラ・コーポレーションでは“ハイブ”と呼ばれる地下施設で研究中だったウイルスが何者かによって施設内にバラ撒かれ、レッド・クイーンによって完全封鎖される。 内部調査の為に送り込まれた特殊部隊は、工作員であるアリスを見つけも、神経ガスの影響で記憶を失っていた。 アリスと地元警察と自称するマット、地下を進む電車で気絶していたスペンスを加え、特殊部隊はハイブで恐ろしい光景を目にするのだった。
洋画

【メン・イン・ブラック2】MY-58

5年前、相棒のKとともに地球の危機を救ったJは、今やMIBのエリート捜査官となり、に日常業務を淡々とこなす平穏な日々を送っていた。 しかし、そんなJの前に下着モデルに化けた超セクシーな宇宙人のサーリーナによってMIBを占拠されてしまう。 なんとか逃げ延びたJはMIBを取り戻し、サーリーナを倒すべく引退して郵便局員として働くKを頼ろうとするのだった。
洋画

【メン・イン・ブラック】MY-57

ニューヨーク市警の警官ジェームズは逃走中の犯人が人間じゃないと知り、その記憶は警察署に現れた黒服の男“K”によって消されてしまう。 Kは“MIB”と呼ばれるエイリアン監視組織の一員で、エイリアンを追跡したジェームズの腕を認めてスカウトしていた。 ジェームズは一切の過去と記録を抹消され、MIBの新たなエージェント“J”としてKとコンビを組んでエイリアンの監視を始めるのだった。
あ行

【アイ・アム・レジェンド】MY-55

2012年のニューヨーク、科学者のロバート・ネビルは3年前に起きた地球規模の災厄を潜り抜け、たった一人生き残っていた。 ネビルは愛犬のサムと無人の店舗で食料品や日用品を調達し、セントラルパークに畑を作って生き延びる日々を過ごし、一方で毎日ラジオで呼びかけて生存者を探していた。 孤独なネビルは人類を絶滅に追いやった原因を取り除き、再生の道を探る為に孤独な研究に奔走するのだった。
洋画

【ジュラシック・パークⅢ】MY-52

サイトBがジョン・ハモンドの尽力で恐竜の自然管理保護環境地区となり、同時に人間の立ち入り禁止されるも付近をパラセーリングした少年が遭難する。 ジュラシック・パークでの事件で注目を集めるグラント博士だったが、本業の化石発掘の資金不足に問射る中でポール・カービーと出会う。 妻との結婚記念日で恐竜を空から見たいという要望でガイドを依頼され、望む報酬を与えると聞いてグラント博士は島へ夫婦のガイドとして向かうのだった。
洋画

【ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク】MY-51

コスタリカの沖合いに浮かぶ離れ小島の“サイトB”は、ジュラシック・パーク計画において恐竜のクローン生産の為の拠点であった。 ところがハモンドの会社が倒産寸前となり、この危機を救おうと甥のルドローが恐竜を生け捕りにして見世物にいしょうと計画する。 マルコムはハモンドの探検隊のリーダーを依頼されるも一度断るが、現地に恋人の恐竜学者サラがいると知って仕方なく引き受けるのだった。
洋画

【ジュラシック・パーク】MY-50

大富豪のジョン・ハモンドの招待で古生物学者のグラントとサトラー、それと数学者のマルコムが南米コスタリカの沖合いに浮かぶ島を訪れた。 そこは太古の琥珀に閉じ込められたDNAから遺伝子工学で恐竜たちが蘇らせ、壮大なアミューズメント・パークと化していた。 オープンを控えた“ジュラシック・パーク”に次々とトラブルが襲いかかり、ついに恐竜たちが解き放たれてグラント博士たちに牙を剥くのだった。
あ行

【ウルトラヴァイオレット】MY-48

21世紀末、新種のウイルスが蔓延し、感染した人間は“ファージ”と呼ばれ、超人的な知能と運動能力を身につける代わりに寿命が12年となる。 社会から恐れられたファージたちは地下組織を結成するが、掃討作戦を開始した政府は殲滅の切り札となる最終兵器の開発に成功する。 かつて、感染した夫と子供を政府に殺され復讐に燃えるヴァイオレットは、兵器の入ったケースを奪うも、それが9歳の少年だと知るのだった。
洋画

【コンスタンティン】MY-47

この世には悪魔や天使が宿った人間が生息しており、私立探偵のジョン・コンスタンティンは、彼らを見分けることができる。 死後、自分が地獄へ送られる運 命にあると知った彼は、悪魔を倒す事でポイントを稼いで天国に行こうと目論んでいた。 そんなジョンのもとに、双子の姉妹を亡くした刑事アンジェラが現れるのだった。
あ行

【ヴァン・ヘルシング】MY-46

19世紀のヨーロッパ、バチカンの秘密組織から命を受け、世に蔓延るモンスターたちを退治し、彼らから恐れられるモンスター・ハンターのヴァン・ヘルシング。 ヴァン・ヘルシングはある日、バチカンの密命を帯び、相棒で武器発明の天才である修道僧のカールとともに、怪物伝説の土地トランシルバニアに向かう。 邪悪なパワーで世界征服を企むドラキュラ伯爵を抹殺するべく、ヴァン・ヘルシングは代々に渡って戦ってきた一族のヴァレリアスの末裔であるアナ王女に出会うのだった。
アクション

【パニッシャー】MY-36

暗黒街に君臨する資産家のハワード・セイントは溺愛する次男のボビーがFBIの武器取引のおとり捜査で殺害される。 その報復としてFBI潜入捜査官だったフランク・キャッスルとその家族を殺害するが、運良くフランクだけが生き残ってしまう。 数ヶ月が経過しても裁かれないセイントたちに法律の限界を悟り、自ら“パニッシャー”となって復讐を開始するのだった。
アクション

【デアデビル】MY-35

少年マット・マードックは、ある事故で両目に放射性廃棄物の液体を浴びて失明してしまう。 視力を失った代わりにマットは聴力などが研ぎ澄まされ、超感覚と呼ばれる“レーダー・センス”を獲得して周囲の物事を把握できるようになる。 父の死を乗り越え、成人したマットは弁護士として昼の間活躍し、夜は正義の裁きを与える“デアデビル”として悪に鉄槌を浴びせるのだった。
アクション

【スパイダーマン3】MY-24

スパイダーマンの人気は頂点に達し、ピーターも順調な生活を送る中で宇宙から謎の黒い液体がスーツに取り付いてしまう。 黒く変色したスーツを着たピーターは凄まじいパワーを持ち、性格も自己中心的になってメリー・ジェーンやハリーたちを傷つけていく。 同じ頃、物理実験場に迷い込んだピーターの伯父を殺したマルコは、体を砂の怪物に変えるパワーを手に入れてしまうのだった。
アクション

【スパイダーマン2】MY-23

ピーターは新聞社へ写真を売り込みながら大学生活を送り、一方でスパイダーマンとしてニューヨークの街を守っていた。 愛するメリー・ジェーンが舞台女優となって距離ができ、ハリーはスパイダーマンに殺された父親の復讐に燃えていた。 そんな時、ハリーの会社で太陽エネルギーの研究するオクタビアス博士が実験中に事故を起こし、4本の金属製人工アームを持った怪人ドック・オクになってしまうのだった。
アクション

【スパイダーマン】MY-22

幼くして両親を亡くしたピーター・パーカーは、伯父夫婦の元で大切に育てられていた。 ある日、ピーターは大学の研究所を見学した際、遺伝子組み換えされた特殊なクモに噛まれると、スーパーパワーを手に入れていた。 時を同じくして、国防省から資金援助を打ち切られる危機に立たされたノーマン・オズボーンは超人兵士の薬を自らの人体実験をするのだった。
洋画

【ジャンパー】MY-18

ミシガン州に住むデヴィッドは同級生のミリーに片思いする普通の高校生だったが、ある日、川に落ちて溺れそうになった瞬間に図書館へ移動していた。 デヴィッドは自分にテレポート能力があると知り、母が家を出て以来、人が変わった父親の元を離れてニューヨークへ跳んだ。 10年後、テレポート能力で世界中を旅していたデヴィッドだが、同じ能力を持つグリフィンとの出会いで自分たちを狙う危険な組織の存在を知るのだった。
あ行

【インディ・ジョーンズ/最後の聖戦】MY-3

1938年、冒険家として考古学者として忙しい日々を送るインディ・ジョーンズ。 そんなインディの元に大富豪のドノヴァンから、イエス・キリストの聖杯の所在を示す重大な遺物を手に入れるも、調査隊の隊長が行方不明になったという。 隊長を捜して欲しいと持ちかけられ、最初は渋っていたインディは行方不明になったのは父だと知って承諾し、消息を絶ったヴェネツィアへ向かうのだった。
洋画

【レイダース/失われたアーク《聖櫃》】MY-1

大学で考古学を教えるインディアナ・ジョーンズ。 しかし、彼は教室で教えるだけでははく、実際にお宝を発掘する冒険家。 そんなある日、インディの元に伝説とされたアーク《聖櫃》の発掘を依頼される。 だが、そこには同じくアークを狙うナチスドイツとの争奪戦が展開されるのだった。
あ行

【インディ・ジョーンズ/魔宮の伝説】MY-2

1935年、考古学者インディは上海のマフィアとの取引が決裂し、歌手のウィリー、相棒のショート・ラウンドとともに飛行機で逃げるもインドの村へ流れ着く。 そこで出会った長老からシヴァ・リンガムと呼ばれる秘石が邪教集団に奪われ、村の子供たちを連れ去れたという。 インディたちはシヴァ・リンガムと子供たちを取り戻すべく、邪教集団がいるパンコット宮殿へ向かうのだった。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました