2009-06

スポンサーリンク
アクション

【パニッシャー】MY-36

暗黒街に君臨する資産家のハワード・セイントは溺愛する次男のボビーがFBIの武器取引のおとり捜査で殺害される。 その報復としてFBI潜入捜査官だったフランク・キャッスルとその家族を殺害するが、運良くフランクだけが生き残ってしまう。 数ヶ月が経過しても裁かれないセイントたちに法律の限界を悟り、自ら“パニッシャー”となって復讐を開始するのだった。
アクション

【デアデビル】MY-35

少年マット・マードックは、ある事故で両目に放射性廃棄物の液体を浴びて失明してしまう。 視力を失った代わりにマットは聴力などが研ぎ澄まされ、超感覚と呼ばれる“レーダー・センス”を獲得して周囲の物事を把握できるようになる。 父の死を乗り越え、成人したマットは弁護士として昼の間活躍し、夜は正義の裁きを与える“デアデビル”として悪に鉄槌を浴びせるのだった。
アクション

【スパイダーマン3】MY-24

スパイダーマンの人気は頂点に達し、ピーターも順調な生活を送る中で宇宙から謎の黒い液体がスーツに取り付いてしまう。 黒く変色したスーツを着たピーターは凄まじいパワーを持ち、性格も自己中心的になってメリー・ジェーンやハリーたちを傷つけていく。 同じ頃、物理実験場に迷い込んだピーターの伯父を殺したマルコは、体を砂の怪物に変えるパワーを手に入れてしまうのだった。
アクション

【スパイダーマン2】MY-23

ピーターは新聞社へ写真を売り込みながら大学生活を送り、一方でスパイダーマンとしてニューヨークの街を守っていた。 愛するメリー・ジェーンが舞台女優となって距離ができ、ハリーはスパイダーマンに殺された父親の復讐に燃えていた。 そんな時、ハリーの会社で太陽エネルギーの研究するオクタビアス博士が実験中に事故を起こし、4本の金属製人工アームを持った怪人ドック・オクになってしまうのだった。
アクション

【スパイダーマン】MY-22

幼くして両親を亡くしたピーター・パーカーは、伯父夫婦の元で大切に育てられていた。 ある日、ピーターは大学の研究所を見学した際、遺伝子組み換えされた特殊なクモに噛まれると、スーパーパワーを手に入れていた。 時を同じくして、国防省から資金援助を打ち切られる危機に立たされたノーマン・オズボーンは超人兵士の薬を自らの人体実験をするのだった。
洋画

【ジャンパー】MY-18

ミシガン州に住むデヴィッドは同級生のミリーに片思いする普通の高校生だったが、ある日、川に落ちて溺れそうになった瞬間に図書館へ移動していた。 デヴィッドは自分にテレポート能力があると知り、母が家を出て以来、人が変わった父親の元を離れてニューヨークへ跳んだ。 10年後、テレポート能力で世界中を旅していたデヴィッドだが、同じ能力を持つグリフィンとの出会いで自分たちを狙う危険な組織の存在を知るのだった。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました