2019-11

スポンサーリンク
洋画

【バーバラと心の巨人】RE-3159

いつも頭にウサギの耳を付けている風変わりな少女バーバラは、誰にも見えない巨人から町を守る為に孤独な戦いを続けていた。 しかし、そんなバーバラの奮闘は周囲に単なる奇行にしか見えず、姉のカレンにさえ理解してもらえずにいた。 次第に孤立を深めるバーバラだったが、巨人の話を真剣に聞いてくれた転校生の少女ソフィアと少しずつ距離を縮めていくのだった。
あ行

【アナと世界の終わり】RE-3157

イギリスの田舎町リトル・ヘブンでは、女子高生のアナは幼い頃に母を亡くし、父と二人暮らしながら冴えない仲間との日々にウンザリしていた。 大学に進学して欲しい父に内緒でアナは海外を旅する計画を立て、その資金を稼ぐ為にダサイ幼馴染みののジョンとバイトに励んでいた。 しかしある日、その事が父親にバレてしまい大ゲンカし、翌日学校へ向かったアナはゾンビに遭遇するのだった。
▼メインジャンル

【メリーさんの電話】RE-3156

女子高の空手部に所属している美奈子と真由子は、他の部員たちとともに強化合宿の為に山奥ある合宿施設へ向かう。 合宿の終わりが見えた頃、部員の一人である沙織が突然発狂してしまい、その事件を境に次々と部員が姿を消していく。 美奈子は原因を探るべく30年前に起きた事件を調べる中、圏外だったはずの携帯電話が突然鳴り響き、「もしもし、あたしメリー、今、向かってる」という少女の声が聞こえるのだった。
▼メインジャンル

【来る】RE-3144

オカルトライターの野崎の元に田原が訪れ、身の回りで超常現象が起きて妻と幼い一人娘に危害が及ぶとして相談に来る。 野崎は霊媒師の血を引くキャバ嬢の真琴とともに調査を始めるが、田原家に憑いている「何か」は想像をはるかに超える強力なモノだと知る。 民俗学者の津田から「何か」の正体が民間伝承に由来するバケモノだと知り、野崎と真琴は必死に対抗策を探すのだった。
あ行

【オカルト】RE-3140

2005年8月12日、風光明媚な観光地・妙ヶ崎で男が無差別に観光客を襲う通り魔事件が発生。 事件直後、犯人の松木は海へ飛び込み、死亡したと思われる死体は発見されず、犯行の動機も謎のままとなる。 3年後、多くの謎に包まれた事件の調査を始めた映像ディレクターの白石晃士は、事件の被害者で唯一の生存者である江野祥平に会うのだった。
▼メインジャンル

【グロテスク】RE-3138

会社員の和男とアキは初デート中に突如何者かに襲われ、気付くと地下室に監禁されていた。 二人の前に謎の男が現れ、「ふたりの愛に感動できれば解放する」と話し、様々な拷問をした後に治療を施し、またしても拷問が繰り返される。 和男とアキは繰り返される果てしない拷問と治療で追い詰められていくのだった。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました