シリアルキラー

スポンサーリンク
洋画

【モンスター・パーティ】VD-780

空き巣で小銭を稼ぐギャンブル依存症のキャスパーは、借金を返す為に友人のアイリスとその彼氏のドッジに大胆な犯罪計画を持ちかける。 アイリスが給仕を務めるバイト先の豪邸であるドーソン家から大金を盗むという内容で、彼らは開かれるパーティに潜り込んで実行しようとした。 しかし、ドーソン家のパーティに集まったのは訳ありな面々であり、彼らは殺人依存症を克服した事を祝う為に祝っていたと発覚するのだった。
洋画

【ホラーマニアvs5人のシリアルキラー】VD-772

ホラー雑誌「殺人鬼マニア」の編集者ジョエルは、ある夜怪しげなバーに迷い込み、泥酔して目を覚ますと閉店後の店の奥から声が聞こえた。 そこへ足を踏み入れたジョエルは、参加者が自らの体験を話し悩みを打ち明けあう殺人鬼の集会だと判明する。 ジョエルは殺人鬼に間違われてしまうが、雑誌で得た知識を駆使してやり過ごそうとするもバレてしまい、処分で揉めている間に逃げ出そうとするのだった。
洋画

【ハロウィン/KILLS】VD-771

ローリーが仕掛けたバーニングトラップによって、ついに40年に渡るマイケル・マイヤーズとの因縁に終止符が打たれたと思われた。 マイケル・マイヤーズとの死闘で深手を負ったローリーの為、娘のカレンと孫娘のアリソンに付き添われて病院へ運ばれていた。 しかし、死んだと思われたマイケル・マイヤーズは業火の中から何事もなかったように出てくると、再び残忍が殺戮が開始されるのだった。
洋画

【ミッドナイト・キラー】RE-3687

テキサス・レンジャーのバイロン・クロフォードは、若い女性ばかりを狙う連続殺人事件を長年に渡って追い続けていた。 一方、FBI捜査官のレベッカ・ロングバードも、パートナーを組むベテラン捜査官カール・ヘルターと共に危険なおとり捜査を続けるも犯人にたどり着けずにいた。 ある事件をきっかけにバイロンとレベッカは協力する中、完璧なマイホームパパの顔を持つピーター・ヒルボローこそがシリアルキラーとして殺人を繰り返すのだった。
洋画

【呪女】RE-3665

100年前、妻メアリーの不貞現場を目撃した夫が逆上し、お腹に赤ん坊がいると知りながらも相手とともに惨殺する。 その時、メアリーは恨みを込めて夫に「末代まで呪ってやる」と言い残して絶命してしまう。 現代のロサンゼルス、とあるミュージシャンの撮影現場にある鏡からメアリーが出現し、その場にいた人間を次々と血祭りにあげていくのだった。
洋画

【スクリーム/2022年版】RE-3662

ティーンエイジャーのタラに不穏な電話がかかり、怖くなり外に出るとゴーストフェイスの殺人鬼に腹部を切られてしまう。 タラは辛うじて逃げ惑う中、家中のドアの鍵が誤作動で開閉を繰り返すと、ゴーストフェイスが侵入してついに殺される。 この事件から連続殺人鬼がウッドボローの若者を標的にしている事を知ったデューイは、シドニーを連れ戻し、ゲイルとともに再びゴーストフェイスとの戦いに挑むのだった。
洋画

【ビキニ・キラー/真夏のくい込み殺人】RE-3659

テニソン大学で何者かによる連続殺人が発生し、恋人を殺された女子大生のベスは薬物中毒になって矯正施設が治療を受けた。 1年後、未だに悪夢にうなされるベスは春休みを利用して、恋人のハンクや友人たちとフロリダのビーチでバカンスを楽しむ。 過去に何度かデートしたブラッドを含め、久々の再会にベスたちが有頂天となる中、仲間の一人が殺された彼らは窮地に立たされるのだった。
洋画

【スパイラル:ソウ/オールリセット】VD-731

ある日、地下鉄で警察官が被害者となる猟奇事件が発生する。 今は引退している伝説的刑事のマーカスを父に持つジーク刑事は、若手のウィリアムを相棒に従えて捜査に乗り出した。 そんな中、ジークたちを挑発するように、犯人は再び警察官を狙ってさらなる猟奇的な犯行に及ぶのだった。
洋画

【スリー・フロム・ヘル】VD-697

キャプテン・スポールディング、オーティス、ベイビーのファイアフライ一家は警官隊の銃撃で逮捕されていた。 裁判の結果、キャプテン・スポールディングは死刑となり、オーティスとベイビーは刑務所に収監されていた。 オーティスの腹違いの兄弟フォクシーの協力を得て、オーティスとベイビーは脱獄し、三人は血まみれの逃避行をしながらメキシコを目指すのだった。
洋画

【マリグナント/狂暴な悪夢】RE-3619

ある日を境に、マディソンは目の前で恐ろしい殺人が繰り広げられるのを目撃するという悪夢に苛まれるようになっていた。 マディソンは夢の中で、謎めいた漆黒の殺人鬼が予測不能な素早い動きと超人的な能力で次々と人を殺害していく。 やがて、マディソンが夢で見た殺人が現実世界で起こるようになり、彼女は少しずつ自らの秘められた過去に導かれていくのだった。
洋画

【キャンディマン/2021年版】RE-3613

シカゴの公営住宅“カブリーニ・グリーン”地区には、鏡に向かってキャンディマンと5回唱えると、右手に大きなフックを持った殺人鬼が現れると都市伝説が語り継がれていた。 都市開発によって今や高級住宅地になったカブリーニ・グリーンに引っ越したヴィジュアル・アーティストのアンソニーは、町の都市伝説に興味を持ちキャンディマンの謎を追い始める。 そして、アンソニーは公営住宅に住んでいたという老人からキャンディマンにまつわる驚きの物語を聞かされるのだった。
あ行

【悪魔のいけにえ/レザーフェイス・リターンズ】VD-676

メロディと妹のライラ、友達のダンテとルースは、ビジネスを始める為にテキサス州の寂れた田舎町ハーロウを訪れる。 かつて町を恐怖に陥れた連続殺人鬼のレザーフェイスが姿を消して50年が経過していた。 ゴーストタウンを再生しようと理想に燃えるメロディたち4人は、あのレザーフェイスの家に足を踏み入れてしまうのだった。
▼メインジャンル

【殺人鬼から逃げる夜】RE-3601

お客様相談センターで手話部門を担当するギョンミは、自分と同じく聴覚に障碍のある母親と二人暮らしをしている。 ある日、ギョンミは仕事帰りに母親と待ち合わせしていると、駐車場から血を流す若い女性を見つけると、連続殺人鬼のドシクに捕まる。 ギョンミはドシクから逃げ出し、非常ベルを鳴らし管制センターからの問いかけが聞こえず、そこへ妹を探しているという男が現れるのだった。
洋画

【人肉村】RE-3583

緑に囲まれた郊外の一本道、ドライブ旅行を楽しんでいた男女4人の若者たちは車の故障で立ち往生してしまう。 そんな彼らを狙う村に住むワトソン一家は、道に迷った者たちを拉致し、男は食料にして、女性は繁殖の為の道具として利用していた。 やがて、一家の襲撃が開始されると、若者たちは逃げ回って抵抗するも彼らに捕まってしまい、そのまま監禁されるのだった。
洋画

【食人村/カンニバル】RE-3578

都会からバカンスに出かけるジョージたち男女グループは、途中で車が故障して訪れた村は異様な雰囲気を漂わせていた。 噂ではこの村は食人鬼が住み着いており、村人たちはすべて餌食になったという。 異様な気配の中、ジョージの仲間が一人また一人と姿を消し、村からの脱出を図った彼らの前に食人鬼ニコスが登場するのだった。
洋画

【ザ・スイッチ】RE-3516

ある日、地味で冴えない女子高生のミリーは、凶悪な殺人鬼“ブッチャー”に襲われる。 翌日目を覚ましたミリーはブッチャーの姿になってしまい、殺人鬼として警察に追われる身になってしまう。 一方、ブッチャーは女子高生の姿になった事を利用し殺人を重ねる中、中年男の姿であるミリーは親友たちに助けを求めるのだった。
あ行

【アトラクション】RE-3504

ハロウィンの季節、大学生のナタリーは幼馴染みのブルックを訪ね、他の仲間と“ホラー”がテーマのアミューズメント・パーク「ヘル・フェスト」へ行く。 様々な装飾を施されたアトラクションで作り込まれた世界観に、男の子が気になるナタリーたちは興奮しながら楽しんでいた。 しかし、そこには仮装したスタッフに紛れ込む一人の危険な殺人鬼が息を潜み、密かにターゲットを狙うのだった。
洋画

【フィアー・ストリート/Part3:1666】VD-575

1666年、ユニオンに住むサラ・フィアーは牧師の娘であるハンナと恋愛関係を持っていた。 村で異変が起きると、魔女の仕業だとしてサラとハンナの同性愛が原因だと思われて二人とも捕まってしまう。 サラはすべての罪を被って絞首刑にされると、それを見ていた1994年のディーナは呪いを解く為に黒幕を倒そうと動き出すのだった。
洋画

【フィアー・ストリート/Part1:1994】VD-570

魔女サラ・フィアーの呪いで何世紀に渡って殺人事件が繰り返されるシェイディサイド。 ある日、シェイディサイドのモールでも殺人事件が発生すると、隣市のサニーヴェイルと追悼の意を示すも学生たちの間でケンカが始まる。 ディーナは同性の元恋人サムが隣市へ引っ越し、現在の彼氏に煽られた事で反撃をして、車が事故を起こすと、魔女サラ・フィアーの墓を破壊してしまうのだった。
洋画

【ヘンリー/ある連続殺人鬼の記録】RE-3435

ヘンリー・リー・ルーカスは刑務所で知り合ったオーティス・トゥールと一緒に暮らしながら次々と女性を殺害していた。 そのヘンリーは過去の母親から受けた虐待のトラウマから、女性を見ると殺したくなるという衝動に襲われていた。 そんなある日、夫の暴力に耐えられず逃げてきたオーティスの妹ベッキーが共同生活に加わり、それまでのバランスが崩壊するのだった。
洋画

【アングスト/不安】RE-3421

青年のKは老婆が住む家を訪れると、出てきた彼女を拳銃で射殺してすぐに逮捕された。 Kは自身の精神異常を訴えるも裁判では認められず、長い服役生活を送っていた。 ついにKは仮出所を許されると、外界へ出た彼は殺人衝動に駆られ獲物を探していると、一軒の大きな屋敷にたどり着くのだった。
洋画

【ザ・ベビーシッター/キラークイーン】VD-504

ベビーシッターのビーに率いられた悪魔崇拝カルト集団を倒してから2年、コールは未だに当時の記憶に苦しめられていた。 事件の痕跡が何もかもが消えていた為に誰一人としてコールの言葉を信じず、カウンセリングを受けながら高校生活を送っていた。 高校生活でもイジメを受けるコールだったが、倒したはずの悪魔崇拝カルト集団が再び現れると、またしても悪夢に立ち向かう事を強いられるのだった。
洋画

【ザ・ベビーシッター】VD-503

いじめられっ子の少年コールは、セクシーで型破りなベビーシッターのビーが大好きで堪らない。 ある晩、自分が寝た後にビーが何をしているか気になったコールは、寝たふりをしてこっそりと彼女の様子を見に行く。 すると、ビーは友人たちを呼んでゲームを楽しんでいたが、突如として一人の青年の頭に2本のナイフを突き刺して殺害するのだった。
邦画

【スマホを落としただけなのに/囚われの殺人鬼】RE-3408

長い黒髪の女性ばかりを狙った連続殺人事件は、刑事の加賀谷が殺人鬼・浦野を逮捕した事で終結したと思われた。 ところが、同じ殺人現場から若い女性の遺体が発見され、事件が迷宮入りしそうなところで加賀谷は収監中の浦野に協力を仰いだ。 浮かび上がったのはかつて浦野にネット犯罪のすべてを教えた“M”という人物で、同じ頃、加賀谷の恋人・美乃里のスマホから個人情報を何者かに盗まれ、彼女は謎の男に狙われるのだった。
▼メインジャンル

【凶悪】VD-502

スクープ雑誌「明潮24」に東京拘置所に収監中の死刑囚・須藤から一通の手紙が届く。 記者の藤井は上司から須藤に面会して話しを聞いて来るように命じられ、そこで警察も知らない余罪と首謀者の木村という男の存在を聞かされる。 木村を追い詰めたい須藤の告発に藤井は半信半疑ながら、取材を進めていると彼の話しに信憑性があると気付いていくのだった。
▼メインジャンル

【ザ・コール】VD-498

ソヨンは幼い頃に大好きだった父親を火事で亡くし、その原因を作った母親に対する憎しみは未だに晴れずにいた。 母親が入院中で無人となった実家を久々に訪れたソヨンは、来る途中で携帯電話を失くし、仕方なく古い電話機を使う事にする。 すると、ヨンスクという若い女性から電話がかかり、20年前の同じ家にいると判明し、ソヨンはそれで過去の出来事を改変させようとするのだった。
洋画

【ラバー】RE-3402

砂漠に打ち捨てられたなんの変哲もないタイヤは、ある日突然、どういうワケか命を宿してしまう。 オマケに荒涼とした砂漠をさまよっているうちに、そのタイヤは念力の能力を発揮して特定の物体や生物を爆発させて破壊する事ができるようになる。 やがて車で一人旅する美女シェイラに一目惚れしたタイヤは、彼女を追っているうちに邪魔する人間を念力で殺していき、ついには地元の保安官たちに犯人として目をつけられるのだった。
洋画

【ハイテンション】RE-3384

親友アレックスの実家で週末を過ごす事になった女子大生のマリー。 ところがその夜、突然訪ねてきた謎の男がアレックスの両親と弟を惨殺してしまう。 更にトラックでアレックスを連れ去ろうとすると、それを目撃したマリーはなんとか助け出そうとするのだった。
洋画

【ザ・ハロウィン】VD-476

ペンシルベニア州の小さな町サマートンで、ハロウィンのイベントとして『恐怖の館』が企画されていた。 それは、病院の廃墟を利用し巨大なアトラクションで、ホラー映画監督のクロウがプロデュースを担当する。 館内には隠しカメラや仕掛けがなされ、ハロウィンの夜で開催される中、精神病院の護送車から脱走した殺人鬼が潜んでいたのだった。
洋画

【プリベンジ】RE-3359

妊婦のルースは出産を間近にして、最愛の夫が山岳事故で亡くなる悲劇に見舞われる。 悲観に暮れていたルースは、ある時、自分の膨らんだお腹から声が聞こえると気付いた。 それは生まれてくる予定の娘からの声であり、ルースは寂しさを埋める為にその声に従って次々と殺人を始めるのだった。
洋画

【テリファー】VD-453

ハロウィン・パーティの帰り、タラとドーンはダイナーで酔い醒ましの為に入ると、その後からゴミ袋を担いだピエロメイクが入ってきた。 ピエロはタラに熱い視線を送った後、トイレで問題を起こして店を追い出されてしまう。 タラとドーンが店を出ると、止めておいた車のタイヤがパンクしていると知り、店の裏で店員を殺したピエロが迫っていくのだった。
▼メインジャンル

【八仙飯店之人肉饅頭】VD-447

1986年のマカオ、大衆食堂「八仙飯店」の店主であるウォン・チーハンは、二人の女性店員と忙しく店を切り盛りしていた。 ある日、潮干狩りの親子が海岸で切断された人の手足を発見し、マカオ警察はそれらが袋に包まれていた事から殺人事件として捜査を開始する。 一方でウォンは店を売ろうとするも前店主の同意書がなく、売れない状況の中で麻雀のイカサマに腹を立てた彼は相手を撲殺するのだった。
洋画

【デスチューバー】RE-3349

視聴者の課金に応じて私生活やストリップをライブ配信するという過激なチャットルームで荒稼ぎする女子高生たち。 ある日、その中の一人であるニコールがライブ配信をしていた時、何者かに襲われる姿を映されてしまう。 仲間は単なる演出だと考えていて、殺人鬼からの証拠写真も加工アプリだと思い、またしてもストリップのライブ配信をするのだった。
洋画

【屋根裏の殺人鬼/フリッツ・ホンカ】RE-3325

1970年代のハンブルグ、安アパートの屋根裏に暮らす孤独な中年男フリッツ・ホンカ。 フリッツ・ホンカは夜な夜なバーに繰り出して酒をあおり、目を付けた女に声をかけるもブサイクなせいで相手にもされない。 それでもある日、酒に釣られて一人の中年女性がフリッツの誘いに応じるのだった。
洋画

【死霊匣/SHIRYOBAKO】RE-3324

古いびっくり箱が発見され、町の博物館に寄贈されていた。 博物館で働くケイシー・レイノルズは、興味本位でびっくり箱を開けると不気味なピエロが入っていてすぐに元へ戻した。 ある日、ケイシーは収められていたはずの不気味なピエロが動いているのを目撃し、生きているはずがないと自問自答している中で惨劇が始まろうとするのだった。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました